スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の奨学金制度酷すぎる問題

こんにちは。初投稿のエコリンです、宜しくお願いします(・ω・)ノ

さて、奨学金デモも残り1ヶ月を切りました。
いったいどんな人が参加してくれるのか、今から待ち遠しいかぎりですo(^_^)o
奨学金を借りている人、返済に困っている人は勿論、実際に借りていなくても、この問題に興味を持ったからデモ行きたい!という人も是非是非参加していただけたらなと思います。

実際に私も奨学金は借りていないけれどデモに行こうと思っている内の1人で、正直今まで奨学金制度についてほぼ知りませんでした~。えへ。
どのくらい知らなかったかというと、奨学金制度ってお金に困っている人のためのものだから、返済するといってもかなり割引された金額を返していけばいいのかな??とかそんなおぼろげなイメージがあったくらい、です;

まさか、高い利子を上乗せして返さなきゃならない制度だなんて!

しかも日本は特に学生の学費支援に関しては冷たいらしく、国際人権規約に批准しているにもかかわらず、OECD加盟国中、なんと教育にかけるGDP費は最悪であるとか。。そんなことも教えてもらいました。(>_<)げろげろ。


簡単に返済できるくらいうまく回っている世の中であるならともかく、今はお金を稼げるような仕事につけるとは限らないし、むしろ不安定労働者になるリスクの方が高いし。。。返済滞るとブラックリストに載せられるという。

思い返せば、学生時代の友人で奨学金借りていた人は、学費どころか普段の生活費のやりくりさえ大変そうだったけど大丈夫だろうか;
今疎遠になってしまったから分からないけど心配になってきたよ(>_<)学費って払ってもご飯食べられるわけじゃないし、返済のために手元のお金の大半を費やさなきゃいけないのはあまりにも酷じゃないかしら。。


というわけで長々と書いてしまいましたが、みんなでこの超不親切極まりない制度の改善を求め、包括的な学生支援を実現させるためにとりあえず7月14日のデモに集まりましょう!

エコリン@東京
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。